需要の高い賃貸設備とは?

お久しぶりです、営業の久富です。

前回ブログを書いたのは12月8日なので、大体2ヶ月前ですね。

もう2月と感じるか、まだ2月と感じるか。

人それぞれ違うと思いますが、私は断然後者です。

 

 

さてさて、今回のブログのテーマはタイトルの通り

「賃貸需要の高い設備とは何なのか?」です!

 

不動産投資をされるオーナー様で、

「どうしたらもっと入居率が上がるのか?」と考えたことのある方、

多いのではないでしょうか。

 

早速昨年のランキング上位のものを調べ、

前職で賃貸に携わっていた、私個人の考えを簡単に述べさせて頂きました。

※エピソードは全て前職のものです。

 

【1位:室内洗濯機置き場】

空室期間の長い物件(洗濯機室外)のオーナー様に

室内に置けるようにしてみては?という提案をさせて頂いたことがございます。

もともと家賃設定が低かったことも大きいのですが、その後すぐにお申し込みを頂きました。

室外に洗濯機を置く物件は、賃料が大幅に低くないと厳しいのでは…と思います。

 

【2位:TVモニター付きインターフォン】

やはり、女性の方がご希望されることが多いです。

絶対ないとダメ!という方は多くはなかった印象ですが、

あればポイントがかなり上がるのではと考えます。

 

【3位:独立洗面台】

こちらも、女性の方に多い印象ですね。

洗面台とお風呂が一緒になっていると、靴下が濡れてしまいますし

スキンケア用品を置くスペースが小さい為不便だ、と引越しを検討される方がいらっしゃいました。

独立洗面台のある単身向け物件は、相場よりやや高めの賃料設定でも

需要はあったように思います。

 

【3位: ウォシュレット】

同じく3位のウォシュレット。

ないなら仕方ない、ついてたらラッキー派と、絶対ないとダメ!派に分かれる設備だと思います。

こちらも女性の方向けかと思っておりましたが、

とあるご夫婦では奥様は不要だと言い、旦那様がないなら引っ越さない!と揉めたことがございました。

ちなみに私はなくてもOK派です。

 

【5位:インターネット無料】

 

インターネット広告を見た際、「無料」と記載があれば目に留まりますよね。

メリットはずばり!「あっ無料で使えるんだ」というお得感ではないでしょうか。

ですが、【家賃+ネット料金】と【家賃(ネット料金含む)】では

結局はほぼほぼ同じことですので、営業マンの説明次第のような気がします。

家賃を上げずにネット込みにして入居率が上がったケースはございますが、

ネット込みへ変更後、家賃を上げた物件の入居率に変動はありませんでした。

 

 

 

 

 

上記、あくまで私個人の意見として参考にして頂ければ幸いです。

 

 

もちろん、どんな物件が良いのか?

どんな設備を希望されるかはお客様次第です。

 

・とにかく家賃を抑えたい!

・多少高い家賃でも、安全面の高い物件が良い!

・外観がきれいでないと嫌だ…

 

等々、妥協できない点は人それぞれございます。

ターゲットを絞った物件づくりをしていきたいですね!

 

 

 

以上、営業 久富でした。