ブロークウィンドウ理論の法則

皆さまご無沙汰しております。
オルカパートナーズの中尾です(^^)

気が付けば今年も1ヶ月過ぎましたね。
先月は関東地方で雪が降った影響で交通機関にも
支障があったりと大変な一日でした・・・

あいにく雪が降った日は、風邪を引いてしまって自宅で
安静にしておりました。
手洗いうがいをしているつもりでしたが、どうしても冬の
時期はどこかのタイミングで風邪を引いてしまうので苦手な
季節です…

話が脱線しますが、私は読書が好きで通勤中や就寝前等時間を
利用して月に2~3冊ペースで読んでおります(^^)

最近では野村克也さん、落合博満さん、森祇晶さん等、プロ野球界では
名将と呼ばれている方々の本を読みました。

昨年では斎藤一人さん、大前研一さんをはじめとした著名な方々の本を
読んだりと仕事や実生活で使えそうな内容も多々あり、読書が楽しいです!

もともと読書は昔からあまり好きではなく、4コマ漫画や西岸良平さんの
漫画本ばかり読んでいましたが、ビジネス書をはじめ、著名人方が執筆
された本を読むようになったのは社会人になってからです!

はじめはなかなか活字に苦労しましたが、習慣化したら人間って意外と慣れる
者なんだなと思いました!

今回のブログでは、とある本にとても面白い内容があったのでご紹介したいと思います。
その面白い内容とは…

ブロークウィンドウの法則!!
ズバリ!!

掃除についてです!

不動産と関係ないじゃん!って思われた方ちょっと待ってください!
実は掃除と入居付は実は関係あるのかもしれないと私は考えさせられました(^-^;

このブロークウィンドウの法則は、説明が難しいので、ご興味がある方は調べてみてください!

ブロークウィンドウの法則を利用して、1980年代、年間60万件もの犯罪があったニューヨーク市内で、交通局長のガン局長は治安回復を目指して、地下鉄治安崩壊の象徴である落書きを徹底的に消すという方針を打ち出しました。

すると、落書きを消しただけで、犯罪率が75%も減少したという驚きのデータが残っています。
その他にもこの法則を利用して、トイレ掃除を続けた結果、学校崩壊からよみがえった学校もあるそうです!

私も昔、賃貸仲介をしておりましたが、お客様って意外と共用部分の汚れや
空室内の汚れを気にされる方も意外と多かったです。

私のなかでの記憶ですが、共用部分や、空室部分が綺麗な物件はすぐに入居が
決まりやすい印象が強いです!

地方の物件を購入された投資家様はお仕事のご都合もありなかなか物件の状況を見に行くことは難しいかと思いますが、数か月に一度とか物件の状況を自分の目で見ることで、掃除が行き届いていない箇所の指摘等することで、意外と空室率を減らす方法に繋がるかも知れないと思います!

たしかに空室率を減らすためには家具付きにするなどお金をかけてすることも一つの有効策かと思いますが、お金をなるべくかけずに入居率が上がればそれが一番ベストですよね!

これからも寒い時期が続きますし、インフルエンザも流行っておりますので、皆さま体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

営業部 中尾 亘