100万ドルの夜景

皆さまご無沙汰しております。
オルカパートナーズの中尾です(^^

今年も早11月中旬とあっという間に1年が過ぎていくような気がする
今日この頃でございます。

寒暖の差が激しく、肌寒い季節ではございますが、体調管理に気を付けて
お過ごしください(^^)

私事ではございますが、先週の土曜日に横浜みなとみらいへ行ってきました。
この時期になると夜は寒いですが、日が沈むのも早く、空気も澄んでいるので綺麗な夜景を見ることができました。
私の下手な写真ではございますが、みなとみらいの夜景をご覧ください(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

この夜景は、日本丸メモリアルパークから写真を撮りました。
この写真に写っている船は日本丸という船で、1930年に航海練習用の帆船として造られ、54年間で183万キロの距離を航海しました。
そして、2017年に国の重要文化財に指定されています。

ただ日本丸を見るだけではなく、調べてみると歴史があってなかなか興味深く感じました。

今回のブログでは、夜景を見て感慨深くなったことから夜景について色々と調べてみました(^^)/

日本には、北海道の函館山、神戸の六甲山、長崎県の稲佐山の夜景で日本三大夜景、さらに、山梨県の笛吹川フルーツ園、奈良県の若草山、福岡県の皿倉山の新日本三大夜景と夜景が綺麗な場所が多いです!!

ちなみに、100万ドルの夜景という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、その語源は、日本人が言い始めたことで、六甲山から見下ろした夜景から来た言葉だそうです。

そして100万ドルの意味はなんと・・・1か月間の電気代をドルに換算すると100万ドルになったそうです。

 なかなか現実的だなと思いましたが、納得してしまうような気がしてしまいます。

これから降雪の時期に入りますが、融雪ヒーターや、日暮れも早くなることから供用電気代も春夏と比べると高くなってくるかと思います。

オーナー様にとってランニングコストの部分はとても重要になりますので、この機会に電気料金の契約プランなどの見直しなど、少しでも供用電気代を抑える方法を考えてみてはいかがでしょうか?(^^)

次回のブログでも面白いネタなどを掲載出来ればと思います!!

今年もわずか2ヶ月になりましたが、皆様が良いお年をお迎えされるようにお祈りしております。

営業部 中尾 亘