茨城県 大規模修繕 before after

昨年の物件ですが大規模修繕でのbefore afterをご覧下さい。
こちらの物件は国立大学の近くの物件で学生の入居者をターゲットにしておりました。
ですので学生の需要に合うよう修繕させて頂いております。

before
after

今回学生を意識し外壁塗装の色を黒色に一新しました。
よくあるような白色やベージュ、薄い色などは近隣に多くありましたので
この物件を目立たせる目的と学生の好みを考えてみました。

共用部も以前は荒れた状態、ずっと使っていないコインランドリーや
色々な場所に止められた自転車、荒れ放題の中庭など・・・

コインランドリーなどは使用していないので撤去し
新たに自転車置き場を設置し自転車が雨に濡れなく入居者がきっちりと止められるスペースを設けました。

中庭には雑草の防止と見た目が良くなる様、砂利を敷き詰め隣のマンションから目隠しを設置しました。

内装に関してはクロス、クッションフロア交換、キッチン交換、コンロ交換
ウォシュレット設置などさせて頂きました。

こちらの物件は国立大学の学生に需要が高い物件でしたが
こちらの大学は1年生はほぼ寮に入るそうなのですが
2年生からはほとんどが出ないといけないそうです。
また寮も狭くキレイでは無いため大体の学生が周辺のアパートなどに
引っ越すそうなのですが、学生が探し出すのが大体9月から12月に
かけてで入居開始が3月か4月というのが一般的でした。

秋までに大規模修繕を終わらせ、そのシーズンに合わせ弊社社員一同でビラを作成し周辺の
マンションアパートなどに配り、大学生協などへ登録し
リーシング活動を行った結果あっという間に予約、契約を頂き満室になりました。

入居開始は3月や4月が多かったですが、その間は空室家賃保証が
ありましたので問題無く満室になりました。

弊社は空室の想定家賃を必ず入ると思われる家賃に設定しておりますが
今回のあっというまでの満室にもう少し家賃設定を高くした方が
良かったのかなと反省した部分で御座います。

こちらの物件は大学生がほとんどの入居者ですので
3月での退去が今後必ず出て参ります。
退去して原状回復していたらシーズンを逃してしばらく空室が続く
というような事が無いよう管理会社さんとオーナー様と一緒に
お話しし4年生の方などとは事前からお話しし大学院に進学なのか
卒業されるのかなど把握しロスが無いよう動いております。

今後もその物件に合わせた修繕、リーシング活動を行わせて頂きます。

50年先までお付き合いが出来る関係を築き上げていきます。

株式会社オルカパートナーズ