カテゴリー別アーカイブ: NEWS

建築家【磯崎新】

こんにちは。

オルカパートナーズの平岡でございます。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

早いもので気付けば12月に入り、寒さも本格化して参りましたね。
12月になると一年という時の短さを感じずにはいられません…。

それはそうと皆さま風邪など引かれておりませんでしょうか。
12月も中旬に差し掛かり、多少寒さへの抵抗が出来たかと存じますが、
まだまだこれから寒くなってきますので、防寒対策はしっかりとされて下さい。

 

さてさて、今回も前回に引き続き素晴らしい建築家&作品のご紹介をさせて頂きます。

表題の通り、磯崎新という建築家について少し触れていきたいと思います。

磯崎新(イソザキ アラタ)
1931年(昭和6年)7月23日 –
は日本の建築家であり、日本芸術院の会員。
一級建築士、アトリエ建築家。

大分県大分市出身で、父は実業家で俳人の磯崎操次。
夫人は彫刻家と、とてもアーティスティックな一家ですね。

磯崎新はポストモダン建築を牽引した建築家の一人であると言われています。
特に日本では丹下健三(←クリック)以降の世代にとって、1970年以降の建築言説の展開の大凡は磯崎によって編成されてきたと見なされているそうです。

1980年代以降はロサンゼルス現代美術館、ブルックリン美術館など日本国外で活躍しています。
世界的規模で建築を構想する姿勢、経歴は日本の現代建築を世界的なレベルに押し上げた建築家の一人と言われています。

世に様々な作品を送り出している磯崎新ですが、その中でも目を引いた作品をご紹介したいと思います。

こちらをご覧ください。

 

 

写真:水戸芸術館
※写真をクリックで拡大

・建築:1990年
・延床面積:22,432.1 m²
・階数:地上4階・地下2階
・構造:SRC造・RC造(塔本体のみS造)

【概略】
水戸市中心部に建つこの施設は、中心市街地活性化の意味も込めて、敷地狭隘のため移転した水戸市立五軒小学校の跡地に市制100周年記念施設として建設された。発案者である当時の佐川一信市長が文化によるまちおこしを意図し力を入れたため、市の年間予算の1%(約9億円)を活動資金にする制度を日本で初めて導入した。建設費は103億5,584万円

また美術・音楽・演劇の各部門には開館前から「芸術監督」が任命され、彼らが施設に必要・不必要な機能などを設計者と協議し、設計に反映させている。これら1%予算や芸術監督制度は、市長が変わったあとも引き続き続けられ、館の活動を支えている。 その後芸術監督制度については、美術部門・演劇部門での辞任(以後空席)、音楽部門畑中良輔の逝去に伴い、それぞれ企画運営委員会と財団による運営に移行している。

なかなか面白いデザインではないでしょうか。

市制100周年を記念して企画された建物であることから、高さは100mあります。
地上86.4mの展望室から水戸市とその郊外を眺めることも出来ます。

館内エントランスには巨大なパイプオルガン(写真①~②参照)が設置されており、ここで単独でのコンサートも行われているそうです。

オルガンはあえてコンサートホールから出され、エントランスホールをオルガン・ホールとして音響もオルガンに特化させているというこだわりです。

 

 

写真①:エントランス・パイプオルガン
※写真をクリックで拡大

 

 

写真②:パイプオルガンの演奏風景
※写真をクリックで拡大

 

こちらのパイプオルガン、とても高級感漂う荘厳な姿だと思いませんか?

今年度は12月24日まで定期的に演奏会を開いているそうなので、ご興味ある方は是非行ってみてはいかがでしょうか?※2017/12/13現在の日程
ちなみに入場料は無料です!

最後になりますが、この水戸芸術館の建物にまつわる面白い話を一つ。

こちらの芸術館の建設に当たって、当時運輸省航空局から、高さ60メートルを超える建築物は航空法に基づいて衝突防止のために目立つように赤白に塗り分けるか、点滅灯をつけるよう指導されました。

芸術館スタッフはタワー完成直後に航空局職員を招いて「措置をとらなくても十分目立つ」と説得を行ったそう。

結果として許可が下りたそうです…めでたし、めでたし。

 

それでは本日はこの辺で失礼いたします。
ご観覧頂き誠にありがとうございます。

株式会社オルカパートナーズ 平岡豊生

 

 

☆年末年始営業日程のお知らせ☆

お客様・関係者の皆様

 

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

年末年始の営業日程をご案内申し上げます。

12月28日 通常営業

12月29日~1月5日 お休み

1月6日 13:00~18:30

1月7日 通常営業

とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

なお緊急のご連絡は担当者携帯電話、メールなどに

ご連絡下さいませ。

 

株式会社オルカパートナーズ

初めまして。

初めまして。営業部の久富です。

今年の7月より、オルカパートナーズに入社致しました。
今回が初めてのブログ担当です。宜しくお願い致します!

 

私は岡山県出身なのですが、
「岡山?場所すらわからない・・・。」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし!岡山には魅力がいっぱいです。
田舎暮らしの希望地域ランキングでいつも何気に上位にいます。

離れてから実感しましたが、自然災害をあまり受けません。

例えば、台風はほぼスルー。回りの県は警報が出ているのに、
岡山だけ出ていない…なんていつものことです。

 

観光名所はやっぱり、日本三大名園の後楽園ですね。
回遊式庭園となっており、草や木、庭が好きな方にはもってこいの場所です。
夏に期間限定で行われる、「幻想庭園」はその名の通り幻想的、

ライトアップした夜の庭園は
誰と言ってもいい思い出になるはずですよ♪

他には、あの人気映画「るろうに剣心」のロケ地にもなった【美観地区】、
江戸時代に戻ったような気分で、歩いているだけでも気分が高揚します。
美観地区を観光の際は、ぜひ大原美術館へも足を運んでみてください。

また、玉野市には全国でも珍しい葬祭無料制度があります。
暮らしやすさに力を入れているエリアでもあるんです。

あげたらきりがありませんので、今回はこのあたりで締めさせていただきます。
少しでも岡山の魅力が伝われば幸いです。

 

まだまだ未熟な私ですが、これからどんどん知識を吸収し、
お客様にご満足いただけるような物件をご紹介していきたいと思います。
精一杯頑張りますので、これからも何卒、宜しくお願い致します。

久富

将来住みたい都道府県ランキング

こんにちわ。営業部鹿島でございます。

今年も残り1ヶ月をきりました。

まだ、残り数十日ございますが、皆様はどのような1年でございましたでしょうか?

私はおかげさまで、忙しい1年だったと感じております。

個人的な話にはなりますが、最近は愛知県によく出張に行っておりまして、住むには良さそうな街だと感じ、表題のランキングを調べて、ブログを書こうと思い立った次第でございます。

都道府県のランキングなので大雑把ではございますが、ご覧いただければ幸いでございます。

早速ではございますが、将来住みたい都道府県ランキング

5位 京都府

清水寺や金閣寺などの歴史的建造物

祇園や河原町などの繁華街

文化・歴史などが詰まっている

など、あげたらきりがない魅力いっぱいの場所でございます。

私事ではございますが、実家が京都にございまして帰省した際には

よく観光に回っております。伏見稲荷大社は昇るのが大変でしたが

鳥居の数がすごく大変驚きました。

4位 神奈川県

横浜みなとみらいの絶景スポット

鎌倉エリアのお寺や湘南の海

箱根などの温泉

など、こちらもあげたらきりがございません。

また私事ではございますが桜木町に自宅がありまして、赤レンガ倉庫や大さん橋など、お洒落でお勧めです。食べ物は中華街で召し上がってはいかがでしょうか?

3位 北海道

食べ物がおいしい

広大な自然スポット

雪・氷に関するお祭り、スポーツ

など、またまたあげたらきりがございません。

景色や温泉なんかも魅力的でございますね。

2位 沖縄県

きれいな海

豊かな自然

首里城、今帰仁城などの観光スポット

などなど主に自然が魅力的でございますね。

また美人が多く、沖縄出身の芸能人も多数いらっしゃいます。

個人的になりますが、将来は沖縄で自然や動物、海に囲まれて暮らしてみたいと考えております。

1位 東京

買い物が利便

浅草やスカイツリー、上野などの観光スポット

圧倒的な交通網

などなどあげたらきりがございません。

確かに一番買い物や食事、交通等、便利なのが

東京が一番なのかもしれません。

 

余談ではございますが、冒頭で申し上げた愛知県に関しましてはランキング第12位ではございますが、5大都市のひとつであります、名古屋市で1棟収益物件の販売を予定しております。多少強引ではございますが、ご興味ある方は是非、営業部鹿島までご連絡下さい。

少し早いですが、来年もオルカパートナーズを宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆11月26日~12月3日の営業時間のお知らせ☆

お客様・関係者各位

 

日頃大変お世話になっております。

毎度弊社をご贔屓にして頂き誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら社員研修の為

11月26日(日) ~ 12月3日(日)

の間、会社を不在にさせて頂きます。

連絡の方は各担当者携帯電話やメールの方にご連絡をお願い致します。

info@orca-p.jp

不在の間、ご返信など遅くなる可能性が御座いますが

必ずご連絡させて頂きます。

大変ご迷惑をお掛けしますがご了承下さいませ。

なお12月4日(月)より通常通りの営業になります。

 

株式会社オルカパートナーズ
従業員一同

100万ドルの夜景

皆さまご無沙汰しております。
オルカパートナーズの中尾です(^^

今年も早11月中旬とあっという間に1年が過ぎていくような気がする
今日この頃でございます。

寒暖の差が激しく、肌寒い季節ではございますが、体調管理に気を付けて
お過ごしください(^^)

私事ではございますが、先週の土曜日に横浜みなとみらいへ行ってきました。
この時期になると夜は寒いですが、日が沈むのも早く、空気も澄んでいるので綺麗な夜景を見ることができました。
私の下手な写真ではございますが、みなとみらいの夜景をご覧ください(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

この夜景は、日本丸メモリアルパークから写真を撮りました。
この写真に写っている船は日本丸という船で、1930年に航海練習用の帆船として造られ、54年間で183万キロの距離を航海しました。
そして、2017年に国の重要文化財に指定されています。

ただ日本丸を見るだけではなく、調べてみると歴史があってなかなか興味深く感じました。

今回のブログでは、夜景を見て感慨深くなったことから夜景について色々と調べてみました(^^)/

日本には、北海道の函館山、神戸の六甲山、長崎県の稲佐山の夜景で日本三大夜景、さらに、山梨県の笛吹川フルーツ園、奈良県の若草山、福岡県の皿倉山の新日本三大夜景と夜景が綺麗な場所が多いです!!

ちなみに、100万ドルの夜景という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、その語源は、日本人が言い始めたことで、六甲山から見下ろした夜景から来た言葉だそうです。

そして100万ドルの意味はなんと・・・1か月間の電気代をドルに換算すると100万ドルになったそうです。

 なかなか現実的だなと思いましたが、納得してしまうような気がしてしまいます。

これから降雪の時期に入りますが、融雪ヒーターや、日暮れも早くなることから供用電気代も春夏と比べると高くなってくるかと思います。

オーナー様にとってランニングコストの部分はとても重要になりますので、この機会に電気料金の契約プランなどの見直しなど、少しでも供用電気代を抑える方法を考えてみてはいかがでしょうか?(^^)

次回のブログでも面白いネタなどを掲載出来ればと思います!!

今年もわずか2ヶ月になりましたが、皆様が良いお年をお迎えされるようにお祈りしております。

営業部 中尾 亘

オルカヒストリーを更新致しました

いつも弊社ホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。

久々となりましたがオルカヒストリーの方を更新させて頂きました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

宮城県の物件の大規模修繕before after

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

になります。

是非ご覧下さいませ。

 

今後とも弊社をご贔屓に

株式会社オルカパートナーズ

 

富山出張記

皆様こんばんは。
お久しぶりでございます。
営業部の岡崎でございます。
朝晩は、とても冷え込むようなってまいりましたね・・・
インフルエンザなど対策が必要な時期となってまいりました。
皆様
体調など崩されませんよう、お体ご自愛くださいませ。
さて、ご挨拶もそこそこに
本日は、先日、富山県へ物件調査、ご案内へ行って参りましたので、
富山の現地情報を交えながら、
物件を購入する際気にしていただきたい点を私なりに書かせて頂ければと存じます。
皆様、物件の購入を検討される際、どのようなところに着目されておりますでしょうか。
住居用の収益物件の場合は特に、気になってくるのは
人口はどの程度なのか、
その土地事の、天候の特色(例えば、雪が1メート以上、毎年積もる等)
それについてかかってくるランニングコスト、
どういった層の入居者を見込めるエリアであるのか、
等々、お客様によって一番の気になるポイントは変わってくるかと存じます。
特に、ランニングコスト、は大なり小なりどの物件にも必ずかかってくる費用でありますので
しっかりと把握するよう心がけて頂ければと存じます。
(もちろん、私に言われるまでもないかとは存じますが・・・・)
時に、私共は仕事柄、全国様々な都市の物件を拝見させて頂きますので
聞いたことのない、費用名目に出会うこともございます。
今回、富山県の物件を販売するにあたって
オーナー支出の一つに
『万雑費』
まんぞうひ
というものがございました。
入居者それぞれから徴収し、オーナー様がまとめて支払うといったものでございましたが、
皆様、この言葉聞いたことがございますでしょうか。
言葉から推測するのも難しいこの
万雑費ですが、
蓋を開けてみると、北陸地方(主に富山県、石川県)特有のものであり、
そもそもは、江戸時代加賀藩が始めたもので

一般的な町内会費が、祭りなどの行事や公園・公民館の維持管理などに使われるのに対して、

万雑は、用水路・港の整備など、農業や漁業に関係する出費にあてられます。

御触書を出し、用水路や農道などの設備をみんなで費用を出し合って、管理するよう

定めたものが今も続いているのだそうです。

また一つ、知識が増え、江戸時代に造られた制度が、今なお残っている事に
とても興味深く感じました。
このように、聞いたことのないものであっても、
収益不動産のご購入を検討される皆様にとられましては、それぞれの地域特有の制度や風習に寄り添う必要も出て参るかと存じます。
私も、お客様へご説明するにあたって、知らないことをどんどんと学んでいかなければと
『万雑費』から考えさせられました。
最後に一言、
富山ブラックラーメンは、とてもインパクトの強い、ご飯の進むラーメンでございます。
帰りの新幹線では、お茶をお供にお忘れなきよう。
本日はこの辺りで失礼いたします。
株式会社オルカパートナーズ
営業部 岡崎瑞樹