カテゴリー別アーカイブ: 未分類

初ブログです。鹿島

初めまして、株式会社オルカパートナーズ鹿島と申します。
本日からブログに参入致します。
宜しくお願い致します。

寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?
季節の変わり目なので皆様も風邪などには十分ご注意くださいませ。

初ブログですがテーマは、海外の不動産について書いていきたいと思います。

早速ですが、2017年10月現在、どの海外の都市の不動産価格が高いのか気になり
不動産が高い世界の都市ランキングを調べてみました。

調べていきますと1位に輝いたのが・・・香港です!!!

2015年ぐらいまで上昇傾向だった香港の不動産価格ですが
今は落ち着いた様子みたいですが、それでも数ある都市の中から1位に輝きました。
ちなみにここ数年1位です。

どれぐらい高いかというと、東京の麻布の1戸の占有面積あたりの
分譲単価を100ぐらいとすると香港のマンションはなんと、200を超えるとの事です。

ちなみに1Rの価格はというと日本円で言うと18万ぐらいになるそうです。
確かに高いですね~。私も香港いったことありますが確かに高層マンションなど
いっぱい開発されて建っておりました。

以下
2位シドニー(オーストラリア)
3位バンクーバー(カナダ)
4位オークランド(ニュージーランド)
5位サンノゼ(アメリカ)・・・等続きます。
ここら辺の国も日本の東京よりも全然高いです。

それに関連して、利回りが低い国ランキングも調べました。
気になる1位の国は・・・
台湾です!!!
もちろん場所、築年、その他諸々ございますが台湾の利回りは1%中盤ぐらい~が多いそうです。
インカムゲインは出ないのですが、海外の不動産はインカムゲインではなくキャピタルゲインを狙うのが主流になるので先見の目は必要になるみたいです。

以下
2位オーストリア(2%前半)、
3位インド(2%前半)、
4位イスラエル(2%前半)
5位中国(2%中盤)
6位香港(2%中盤)・・・と続きます。
日本の東京の都心などでも利回り5%~6%の物件等多々ありますので、低いですね。

また、一概には言えませんが、海外の金融機関のほとんどが日本より金利が高く、融資も低い額しか引けないとの事なので、個人的にはなりますが、海外に比べ日本は都市の割に利回りも高く、融資も引きやすいという点、また管理等含めると日本の不動産がいいのかなーと思った所で、今回のブログは締めさせて頂きます。
また次回も宜しくお願い致します。

鹿島

松本出張へ行って参りました!

皆様こんばんは!

営業部の岡﨑でございます。

本日は少し暖かさを感じる日でございましたが

まだしばらくは寒さが残りそうですね(*_*;

私は先日、長野県松本市の物件の現地案内へ行って参りました。

長野県は平地は雪こそすでに融けてはいるものの

風が肌寒く、アルプスの山々は真っ白とまだまだ冬景色でございました。

お客様とのお約束のお時間まで、少々お時間がございましたので

現地を知るにはその土地の建築物を知るべし!

ということで

兼ねてより気になっておりました

松本城へ行って参りました。

外から見ると、少し小ぶりなのかな?という印象を受けましたが

城壁の中へ入ってみると、その雄大さに圧倒されました。

熊本県民としての意地で

熊本城より小さいですよ!

などと上司に訴えておりましたが、

築城400年以上という歴史が感じさせる重みを感じました。

場内は、やはり国を取り合っていた時代のもの特有の作りで、

外からは存在がわからない「隠し階」なるものがあります。

隠し階は外から見るとそこに階があるようには見えず

非常時に兵が集まる場所として設けられていたようです。

外観上は5階建てに見えますが

内部に入ると6階建てとなっておりました。

 

現存する天守の中で最も古いようで

最上階から松本市の風景を眺めながら、

嘗てここでわが町を見ている藩主はどのような気持ちだったのだろうと

感慨深いひと時でございました。

現地調査の際はその土地のお城を訪れるのが私の醍醐味になりそうです。

絶対に見て頂きたい松本城へ足を運んで頂けるよう

ブログをご覧いただいている皆様に松本の物件をご提供しなければと

天守閣から誓って帰ってまいりました。

 

皆様も、現地調査の際は、地方のお城を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

それではこのあたりで失礼いたします。

 

営業部

岡﨑瑞樹

明日は東京にてセミナー♪

こんにちは。

株式会社オルカパートナーズの金子です。

明日は東京でセミナーを開催いたします。

会場は株式会社オルカパートナーズです!!

今回、お客様との時間をじっくりとお話ができるよう、

少人数にて受け付けております♪

まだ枠はありますので、前日でも当日でもOKです!

申込お待ちしております<m(__)m>

 

 

話は変わりますが、

昨日テレビで伊勢神宮が取り上げられておりました。

内宮に向かうときに渡る≪宇治橋≫ですが、

欄干部分は宮大工、橋板部分は船大工が担当しているそうです。

簡単に言ってしまえば、橋の劣化を防ぐためのようです。

また伊勢神宮には毎年、大勢の参拝客が来るため

宇治橋は20年で6㎝もすり減ってしまうらしいのです。

神様はお参りに来てくれる人がいなくなってしまうと